一括見積もりサイトを使うと安くなるのはどんな理由?

自動車保険の新規・見直しなら自動車保険一括見積もりサイトで

新規・見直しに必見!自動車保険、一括見積もりで驚くほど安く!
 

徹底した合理化で人件費を省けるシステムを確立

インターネットが普及し、IT化で新しい技術やシステムがプラスされていく世の中では、自動車保険の一括見積もりだけではなくて、あらゆるモノ(製品・商品・サービスなど)の販売価格の中から人件費や広告宣伝費(販売管理費)がカットされ、その分をお客様への販売価格に還元できるようになっています。

つまり、モノがどんどん安くなるのは世の中の当然の流れなのです。ある意味ではインターネットやITの進化がデフレ社会を生んでいるという識者もいるほどです。

特約などユーザー負担になる費用を最初からビルトイン

一括見積もりサイトでは、利用者が見積もりに必要なフォームに必要事項を記入し送信するだけで、複数の自動車保険会社から保険料の見積もりが返信されてきます。おそらく一括サイト以外で見積もった金額よりもかなり安くなっていると思います。

その理由は各社各様の契約内容の差異の他に、一括見積もりサイトでは、特約など本来なら個別に上乗せしていく特約項目をあらかじめ標準化して組み込み、トータルでの最安値をはじきだしているからです。非常に合理的な仕組みです。

「安い分だけサービスが悪い」という見方も時代遅れ

保険の内容や保障の範囲などは自動車保険の会社ごとに違いがありますが、一部の人にある「一括見積もりサイトで行った自動車保険の費用は、通常より安い分だけサービスが悪い」といったようなことは、絶対にありません。サイト利用者のトクした金額は、平均して2万円-5万円。そこまで安くなる理由は、上記のような2つの事柄からです。これからIT化がさらに進化し、保険商品としての合理化がすすめばさらに安くなる可能性もあります。

自動車保険一括見積もりに対する間違った認識

  • これだけ安くなるのは契約内容のレベルが低いからだ
  • 安いからイザというときの対応が悪いのではないか?
  • 万一事故などがあったとき、なかなか支払ってもらえないのでは?
  • 担当者と直接契約書を交わさないと信用できない
  • 一括見積もりの査定金額はオトリ、実際の契約時は高い保険料では?

一括見積もりサイトの「安い保険料」こそホントの保険料

これからの時代は、従来の常識を非常識として真逆に捉え直す必要があります。自動車保険の一括見積もりサイトを使っても、それだけで即契約となるわけではありませんし、見積もり以後は保険会社個々との打ち合わせとなります。

当然その段階で、相談や要望などをぶつけることもできます。一括見積もりは、複数の保険会社を同時に比較できるというサイトで、利用者にとっての利益が増えるものです。高い保険料を知らずに払っていたこれまでの相場ではなく、IT社会の合理的な新相場に着目しましょう。